人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
MagicSpice 東京下北沢店@下北沢
確実に辛いスープカレーが食べたくて、下北沢の「マジックスパイス」さんへ。
本当は札幌が本店のお店には行こうとは思わなかったのですが、こういう願望がある場合は、味を知っているお店の方が確実ですからね。

下北沢駅の南口を出て、京王線の高架下をくぐり抜け、小田急線の踏切を右折して、突き当たりの茶沢通りを左折し、左にカーブする道を右折してちょっと登った所にありますが、このルートを知らなかったため、見事に迷いました…。



本店同様ぎっしり書き込まれたメニューですが、「チキン」(950円)を注文。
辛さは表メニューでは一番辛い「虚空」(+250円、覚醒→瞑想→悶絶→涅槃→極楽→天空→虚空。それ以上も有)でお願いしました。

注文後に壁を見て「ベジビーン」と「ベジマッシュ」が下北沢店限定メニューだった事を知り、変えてもらおうかと思った矢先に、器が運ばれてきました。
結構混んでいたのに短時間で出てくるのも、本店と同じですね。



鶏ベースの旨味が強いサラッとしたスープですが、かなりヤバそうな色をしています。
唐辛子やピッキーヌの容赦ない攻撃的な辛さの後に訪れる、妙に爽やかなバジルの後味が不気味さすら感じますが、これが辛宇宙の超感覚なのでしょうか。

黄色いサフランライスは、パイナップルが付け合わせでついています。
たまたまかも知れませんが、ちょっと柔らかめで、粘りがあったのが残念です。

具材は、チキンレッグ、大根、人参、白菜、キャベツ、かぼちゃ、なす、玉ねぎ、水菜、もやし、ピーマン、インゲン、絹さや、ヤングコーン、キュウリ、しめじ、こんにゃく、ゆで玉子、揚げ春雨、フォーと、本店と違わず具だくさんでした。

気管に入ってむせないよう、汗だくになりつつも気を付けて完食しましたが、数時間後にお腹にダメージがやってきました。
やはり「虚空」の世界は、私にはまだ早過ぎたようです。


原色バリバリの雑多な感じの店内ですが、怪しい雰囲気は押さえ気味でしょうか。
マジスパ語が飛び交う、ハキハキした接客は、本店と同じです。

支店ということで、どうしても本店と比べてしまいますが、若干値段が高めな所以外は、特に劣化した印象は無く、安心して食べられます。

ただ分煙化されていますが敷居がないので、人の移動で煙草の臭いが時折やってきたのが残念ですね。
中途半端に分煙化するなら、いっそのこと完全禁煙にして欲しいところです。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(東京都) | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0)
スープカレー屋 鴻@神保町
古本とカレーの街、神保町へやってきました。
どこに行こうか迷いましたが、明大通り沿いの「鴻(オオドリー)」さんへ。
お隣は有名店の「エチオピア」さんで、こちらも気になっていたのですが、1階は店内に行列が見え、2階に至っては階段下まで並んでいたので断念しました。

スープは、豚骨ベースの黒と、国産鶏の手羽ベースの赤から選べるのですが、赤スープで「チキン」(1,000円)を注文。
辛さ3倍(1〜4倍、それ以上も可能)でお願いしました。


鶏や野菜の甘味が強く、トマトの程良い酸味が効いたスープは、あっさりサラサラ。
その分スパイス感は控え目ですが、食べやすくて美味しいスープです。

辛さ3倍は危険と書かれていましたが、普通に食べられました。
辛党の方はいきなり4倍とかでも大丈夫だと思います。

ライスは普通の白米で、適度な硬さ。
終日おかわり無料なので、腹ペコの時には嬉しいですね。

具材は、チキンレッグ、玉ねぎ、人参、じゃがいも、ピーマン、玉子。
チキンは骨離れがよくて柔らかいですが、ちょっと野菜が少なめな印象を受けました。


大正ロマンを感じるシックで落ち着いた雰囲気の店内は、テーブル席中心に30数席。
名付元であろう、オードリー・ヘップバーンのポスターも貼られていました。
接客も良く、中二階の席もあって、デートでも使えそうです。

カレー専門店の多い神保町ですが、スープカレーをメインで出しているのはこちらのみのようですし、それなりの需要は見込めるのではないでしょうか。

ちなみに本店の居酒屋さんも近くにありますが、平日のみ営業で、スープカレーの提供はランチタイムのみとハードルが高いです。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(東京都) | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0)
SOUP CURRY KARMA@学芸大学
スープカレーを食べようと、電車を乗り継ぎ、学芸大学の「KARMA」さんへ。
東急東横線学芸大学駅から1分位ですが、駅前の狭い路地にあるので、ちょっとわかりづらいです。

「とりと野菜」(980円)を注文。
ノーマルスープとトマトスープ(+50円)がありましたが、ノーマルスープを選択。
辛さは10(0〜20段階)でお願いしました。


白ゴマがたっぷりかかった、若干トロミのあるオレンジっぽい色のスープは、刻み玉ねぎがボロボロ入っていて、適度にトマトの酸味も感じます。
辛さ10でもそれ程辛く感じず、スパイス感は乏しいですが、食べやすい感じです。

ライスは、黄色いターメリックバターライス。
普通盛りは200gですが、300gまで無料で増量可能なのは嬉しいですね。

具材は、チキンレッグ、人参、かぼちゃ、なす、ピーマン、オクラ。
チキンは柔らかめで、人参は食べやすいサイズにカットされていました。

山小屋風な造りの非常に小さな店内は、L字カウンター5席のみ。
女性店主お一人でしたが、2畳位の狭いキッチンで色々大変そうでした。

駅から近く、コストパフォーマンスも高いですが、小さなお店なので、平日のランチタイム等は行列になりそうです。
待つのが嫌な方は、少し時間をずらした方が良さそうですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(東京都) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
momo curry@吉祥寺
友達の家から帰る途中、吉祥寺の「momo curry」さんへ。
JR吉祥寺駅の中央口を出て平和通りを左に進み、パルコを右に曲がって吉祥寺通りをまっすぐ進むと、第一ホテル向かいの雑居ビルの2階にあります。
欧風カレーがメインのお店ですが、スープカレーやグリーンカレーも扱っています。

という訳で「チキンスープカレー」(1,050円)を注文。
辛さは5辛(+150円、甘口50円・1辛〜30円づつ加算、10辛以上も可能)でお願いしました。


褐色のスープは、トマトと飴色の玉ねぎが溶け込んだ、サラッとしたスパイシーな味。
後半唐辛子系の辛さが舌に残りましたが、バランスの良い辛さだと、この辺りが上限のような気もしました。

白ごまのかかった白米は、やや硬めの炊き加減。
付け合わせに福神漬け、玉ねぎと大根のピクルス、山クラゲが付いてきて、口の中をスッキリさせます。

具材は、チキン、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、白菜、レンコン、ゴボウ、なす、ししとう、パプリカ、青梗菜、カリフラワー、かぶ、ブロッコリー、玉ねぎ、長ねぎ、スナップえんどうと、素揚げした薄切りの野菜がたっぷり入っています。
ただ、チキンが唐揚げサイズ3個だったのが、ちょっと寂しかったかな。

アジアンテイストな薄暗いカフェっぽい店内は、カウンターに、窓側には2人掛けのテーブル4卓、ローテーブルの席や小上がりもありました。
カウンターには瓶に入った色々なスパイスが並んでいて、カレー屋なんだと再認識させられます。
アルコールメニューも豊富で、女性受けが良さそうなので、デートにもいいかな。

でもたまたまなのかも知れませんが、結構広い店内なのに女性スタッフ2名しかいなくて、何をやるにも時間が掛かる印象を受けました。
のんびり過ごすなら問題ないですが、急いでいる時は、気持ちの余裕が必要ですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(東京都) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
yellow company@恵比寿
スープカレーを食べようと電車を乗り継ぎ、恵比寿の「yellow company」さんへ。
札幌の「Yellow」さんとは無関係ですが、今は無き「ランブータン」さんの姉妹店としてオープンされたようです。

JR恵比寿駅を出て、駒沢通りを右に、明治通りを左に進み、東三丁目の信号機を右折した所にありますが、駅から10分近く歩きました。

東京での初スープカレーという事で、定番の「チキン」(980円)を注文。
辛さは当店推奨マークのついた、レベル5の激辛(0〜5は無料、6〜10は+100円、圏外+200円)でお願いしました。


バジルが浮かぶサラッとしたスープは、油膜が張っていますが、トマト風味でチキンの旨みを感じる、見た目よりも比較的あっさりした味。
30種類のスパイスを使っているそうですが、それ程強烈なスパイス感はなく、スープカレー初心者でも食べ易い感じです。

ライスは道産米を使ったサフランライスで、美味しいですね。
220gとそこそこの量はあるのですが、腹ペコだったのか、減りが早かったです。
大盛(+100円)にすべきだったかな。

具材は、チキン、じゃがいも、人参、ピーマン、ゆで玉子、揚げ春雨、糸唐辛子。
チキンは骨抜きで食べやすく、じゃがいも以外は素揚げされておらず、ヘルシーな印象を受けました。

明るく解放的でお洒落なカフェっぽい店内は、上品な受け答えの店員さんといい、さすが東京のお店という感じ。
二階席もあり、デートで行くのも良さそうです。

気になったのは、お皿の淵が異様に広くて、後半スープをすくいづらかった事。
まぁ、お皿を傾ければいいだけなんですけど、オシャレと実用性を両立させるのは難しいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(東京都) | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1 / 1 PAGES |