人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
あさの食堂
道東から帰る途中、足寄町に立ち寄りました。
現在は道の駅になった「ふるさと銀河線」足寄駅は、松山千春さん一色でした。
入口には歌碑があり、駅の二階はギャラリーが設けられています。


そんな足寄駅前に程近い、「あさの食堂」さんへ。
前述の松山千春さんもご贔屓のお店だそうで、壁にはサインも飾られていました。

ラーメンは通常の三味に、月見・バター・もやし等、各種トッピングを加えたメニューでしたが、シンプルに「醤油ラーメン」(550円)を注文。


豚骨を煮出したと思われる清湯系スープは、ラードで覆われていて表面は熱々。
あっさりながらしっかりした旨みを感じる、昔ながらの優しい味で、毎日でも食べられそうです。

麺は中細の縮れ麺で、やや硬めのシコシコした食感。
スープもよく絡み、相性もいい感じです。

具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、なると、ほうれん草、刻みねぎ。
チャーシューは脂身が少なく、ハムみたいな感じで、メンマはコリコリでした。

昭和の食堂の香りを色濃く残したノスタルジックな店内は、逆L字カウンターに、ちょっと傾いたテーブル3卓と、小上がり1卓。
素っ気無い恰幅の良いお母さん2人で切り盛りされていましたが、それがかえって郷愁を誘っているのかも知れません。

何故か店内で輝いていた「味のラーメン」と書かれたレトロな電飾が、自信の表れでしょうか。
いわゆる食堂系ラーメンですが、長いこと地元の方々に愛されているのも分かる気がしました。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(道東) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)
ラーメン いぶき
2年振りに道東旅行に行ってきました。
前回は悪天候で景観は全く楽しめなかったのですが、今回はお天気に恵まれ、霧の摩周湖もこんなに綺麗に観れました。


お腹も減ったので、今回道東へ向かう目的の一つだった、弟子屈の「いぶき」さんへ。
以前行ったときは夜しか営業していなかったのですが、お昼の営業も行うようになり、看板も新しくなって、ラーメン専門店の様になっていました。

「元祖いぶき」と接頭語がついた「ラーメン」(700円)を注文。
待つこと暫し、長年の夢だった待望の一杯が運ばれてきました。


スープは、1cm程の油やコラーゲンの膜で覆われていて、湯気が全く立ちません。
ベースの醤油は薄めながら、豚足や豚骨を長時間煮出したと思われるスープは、コクがあって、こっさりした味。
そして豚足にかぶりついている様に、コラーゲンが口にまとわりつきます。
体が一気に温まりますが、猫舌の方は要注意です。

麺は釧路ラーメンっぽい、白い細縮れ麺で、スープがよく絡みます。

具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、麩、刻みねぎと、どことなくクラシカル。
チャーシューは濃い目の味が染み込んでいましたが、メンマは既製品っぽいかな。

地方の年季の入った居酒屋という感じの店内は、カウンターとソファーが椅子のテーブル2卓。
天井や壁に簾がかかり、折り鶴があちこちにペタリと張られていました。

個性が強くて好みが分かれるかも知れませんが、懐かしい初期の「弟子屈」の原形の味を堪能でき、至福の時を過ごせました。

おいそれと食べられないのが残念ですが、また味わいたいものです。
女将さんお一人で切り盛りされていたので、体に気をつけて頑張って欲しいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(道東) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
とんこつ風らーめん 西や
ちょっと前の話ですが、滝上と上湧別に日帰りお花見ドライブへ行ってきました。
土日祝のETC通行料が1000円になったので、高速をフル活用しましたが、総走行距離630kmは、週末ドライバーにはしんどかったです。
でもその甲斐があって、7分咲きながら綺麗な芝桜を見る事が出来ましたよ。


途中、紋別の海洋交流館の中にある「とんこつ風らーめん 西や」さんへ。
こんな所まで来てラーメンに手を出すなんて、と思われるかも知りませんが、目星をつけていた海産物系のお店は何処も30分は待ち状態で、時間もなかったので…。

当店おすすめと書かれた「塩ラーメン」(700円)を券売機で購入。
クーポン券で「味玉」をサービスしてもらいました。
三味の他には、辛みそやピリ辛塩、数量限定の昔風らーめんなどもありました。


白ゴマと背脂が浮かぶ白濁したスープは、揚げ玉ねぎの香ばしい香りが広がる、見た目よりはあっさりした味。
とんこつベースですが臭みはなく、牛テールスープのような旨味も感じました。
確かに「とんこつ風」という表現が的確かも知れません。

カネジン食品のやや中細の縮れ麺は、適度な硬さ。
スープとの相性もいい感じです。

具材は、チャーシュー、メンマ、炒めたもやしと玉ねぎ、半味玉、刻み長ねぎ。
チャーシューは味が染みていましたが、ちょっと硬め。
味玉は半熟で柔らかかったのですが、別皿の味玉が冷たかったのが残念でした。
まぁ無料サービスだったので、仕方ないですけどね。

清潔感のある店内は、紋別港に面したカウンターにテーブル6卓と広々。
ガリンコ号やオホーツクタワーを見ながらラーメンをすするのも、乙なものです。

場所柄あまり期待していませんでしたが(失礼)、思った以上に美味しい一杯でした。
おいそれとは行けませんが、今度は流氷を見に行った時にでも食べてみたいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(道東) | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0)
いぶき(未食)
幻のラーメンといわれる道東弟子屈の居酒屋「いぶき」の味を受け継ぐ店。

「弟子屈ラーメン」さんの当初のキャッチフレーズはこうだったよなぁ?と思い出し、探してみる事にしました。
携帯で検索して10分後、店の前に辿りつきました。


居酒屋さんですから当然開いているはずもなく、移動を考えると、摩周温泉に泊まらない限り、食べられそうにありませんね。
幻のラーメンというのは、あながち間違いではなさそうです。

今度来た時は、この辺りに泊まって食べてみたいなぁ、とか考えていたら、嫁が一言。
「よくそんな事覚えてたね。マニアだゎ〜。」

身内にラオタ呼ばわりされてしまいました。
自分では一般人のつもりだったんですけどねぇ…(´ヘ`;)

炉ばた いぶき
弟子屈町湯の島1丁目2-3
TEL 015-482-3194
営業時間 19:00〜翌2:00
定休日  日曜日
駐車場  不明

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(道東) | 12:50 | comments(2) | trackbacks(0)
弟子屈ラーメン 総本店
遅めの夏休みを頂きまして、家族サービスで道東に出かける事になりました。
この日は、札幌で店を開き、ついに発祥の地とも言える弟子屈町に店舗を構えた
「弟子屈ラーメン 総本店」さんへ。
12時過ぎに着きましたが、店の前には行列が!凄い盛況ぶりです。
でも店内で待つ人はいなかったので、5分位で入れました。よかったよかった。

発祥の地という事で、原点とも言える「弟子屈醤油」(700円)を注文。


豚骨をじっくり煮出したというスープは、あっさりで、ほんのりとした甘さも。
細めの縮れ麺は、やや硬めでしたが、食べているうちに丁度良くなりました。

5mm位の厚いチャーシューは、昔風でちょっと固く、若干パサついていたかな?
地元弟子屈産というクレソンが、いいアクセントになっていましたね。

それなりに美味しくいただきましたが、どちらかというと釧路ラーメンっぽい印象を受けました。
二十四軒で醤油味のみだった頃に食べた、唇がベタベタする位の脂とコラーゲンたっぷりのスープや、春雨ばりの極細麺を多少なりとも期待していたのですが、残念です。
メニューを増やすのは構いませんが、醤油が3種類もあるなら、開店当初の味も残しておいて欲しいですね。

札幌の2店はどうなんだろう?霧に覆われた摩周湖の様に、モヤッとした気持ちで店を後にしました。


弟子屈ラーメン(てしかがらーめん) 総本店
弟子屈町摩周1丁目1-18
TEL 015-482-5511
営業時間 11:00〜21:00
定休日  原則無休
駐車場  あり
http://teshikaga-ramen.com/

tags:醤油ラーメン

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(道東) | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 1 PAGES |