人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
蜂屋 五条創業店 (2)
かれこれ2年振りに、旭川の有名店「蜂屋 五条創業店」さんへ。
数ヶ月前に1週間近く旭川に出張していたのですが、営業時間の問題で行けなかったんですよね。

「しょうゆラーメン」(700円)を「あぶら濃い目」で注文。
残念ながら2年前より100円値上げされていました。



豚骨スープに魚系ダシを加えたWスープは、表面を覆う焦がしラードが香ばしく香りますが、この日は以前食べた時より薄味に感じました。
美味しい事には変わらないので、単にブレなのかも知れません。

麺は加藤製麺の中細ストレート麺。低加水でスープにマッチしています。

具材は、チャーシュー、メンマ、刻み長ねぎとスタンダード。
薄めのチャーシューは脂身が少なくて柔らかく、メンマはしっかりした味でしたが、ちょっと硬めに感じました。

昭和の食堂を思わせる小奇麗な店内は、カウンターが無く、テーブル席のみ十数卓。
11時半前にも関わらず駐車場は満車でしたが、席には余裕で座れました。
車で行かれる方は、お店の混み具合にもよりますが、近くのコインパーキングに停めた方が良いかと思います。

今回は飲み友達3人(私以外は初訪問)で食べに行ったのですが、1人は高評価、1人はイマイチという感じでした。
好みの分かれる味ですが、半世紀以上の人気を保つには、代替の効かない個性的な味でないといけないのかも知れませんね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(旭川市) | 10:10 | comments(2) | trackbacks(0)
梅光軒 南店
連日旭川で夜な夜な食べ歩いていましたが、一軒くらいは有名店に行ってみようと思い、出張先に近かった「梅光軒 南店」さんへ。
果てはシンガポールにまで支店を構えるお店ですが、本店を含め旭川市内のお店に行くのは初めてでした。

メニューは通常の三味に、チャーシュー・野菜・バターコーンのバリエーションがありましたが、最近野菜不足だったので、「しょうゆ野菜ラーメン」(780円)を注文。
待つこと暫し、野菜がこんもりと盛られた一杯がやってきました。


とんこつや鶏がらに魚出汁が加わったスープは、油控えめで、比較的あっさりした優しい味。
これに野菜の甘味が加わって、よりマイルドに感じられます。

麺は自家製麺の白い中細ストレート麺で、適度な茹で加減。
ただ低加水でスープを吸いやすく、麺に辿り着くまで時間が掛かるので、硬めでお願いすべきだったかな。

具材は、チャーシュー、メンマ、炒めもやし、キャベツ、玉ねぎ、挽肉、刻み長ねぎ。
もも肉を使った大きめのチャーシューは、肉の食感が残っていて、メンマも薄味で美味しかったです。

住宅街にある昭和の食堂という感じの年季を感じる店内は、L字カウンターと小上がり2卓。
家族連れやご常連で賑わっていましたが、地元で愛されているという事がひしひしと伝わってきました。

ボリューム満点で、ラーメンだけでお腹が苦しくなったのは、久し振りです。
午後の仕事が睡魔との闘いだったのは、言うまでもありません。(A^_^;)

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(旭川市) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
春夏冬 本店
連日旭川の3・6街で食べ歩いていますが、この日は「春夏冬 本店」さんへ。
「秋が無い」→「あきない」→「飽きない」という意味があるそうです。

昨日行った「一蔵 本店」さんの隣にあり、ANAの機内誌に載った事もあるお店ですが、一見のお客さん(特に女性)だと入店をためらう様な風貌です。

おすすめという「四川みそラーメン」(840円)を注文。
辛さを、普通・中辛・激辛から選べるので、激辛でお願いしました。


スープは、豚骨ベースの濃い目の味噌味ですが、隠し味のピーナッツの甘味で、まろやかな感じです。

麺は加藤製麺の中細ウェーブ麺で、若干柔らかめ。
低加水で、スープをよく吸います。

具材はチャーシュー、メンマ、キクラゲ、もやし、長ねぎ、紅ショウガ、ピーナッツ。
チャーシューは脂身か多めなバラ肉で、厚切りで柔らかいですが、こってり目です。

昭和レトロな雰囲気のこじんまりとした店内は、カウンター5、6席と二人掛けテーブルが1卓。
ちょっとハスキーな声で笑顔を絶やさない華奢なお母さんが作っていました。

で、半分以上食べたところで、全然辛くない事に気が付きました。
ふと隣で食べていた人の丼を見ると、明らかに色が違う!
恐らく、辛さ普通ですね、こりゃ。
まぁ忙しそうだったし、腹ペコで気付くのも遅かったからいいか。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(旭川市) | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
元祖旭川らーめん 一蔵 本店
旭川の繁華街の交差点にある「元祖旭川らーめん 一蔵 本店」さん。
「味極める」と書いて、「みきわめる」というキャッチフレーズを持つお店です。

メニューが豊富で、屋号を用いたネギだくの「一蔵らーめん」がお勧めとの事でしたが、950円と観光客仕様の価格だったので、通常の「正油らーめん」(700円)を注文。


豚骨や野菜を12時間煮込んだというスープは、それなりに油で覆われているものの、旭川ラーメンにしては透明感のある比較的あっさりした味。
パンチはありませんが、〆の一杯にはいい感じです。

道産小麦100%という自家製麺の中細縮れ麺は、やや硬め。
低加水で、スープがよく絡みます。

具材は、チャーシュー、メンマ、刻みネギ。
チャーシューは昔風のやや硬めなタイプで、メンマは旭川らしいコリコリした歯ごたえでした。

ジャズが流れる、和モダンな雰囲気の店内は、カウンターにテーブル8卓。
綺麗に清掃されていて、団体客や女性同士でも入りやすい感じです。

ただ、値段の割にはボリュームは少なめに思えました。
酔客が多いエリアなので、この位で丁度良いのかも知れませんが、もう少し安ければなぁ。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(旭川市) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
らぁめん食堂 NOBu
旭川に一週間ほど出張になりましたが、仕事が終わるのが遅くて、ホテルに戻る頃には、有名店は殆ど閉店している始末。
でもコンビニ弁当は味気ない上に、あまり種類も残っていないので、3・6街近辺を何軒か攻めてみる事にしました。

まずはホテルから近かった「らぁめん食堂 NOBu」さんへ。
閉店した「五条天金」の味を、先代のご子息が継承しているそうです。

旭川ラーメンと言えば定番の「醤油らぁめん」(650円)を注文。
厨房は2階にあって、丼がバケツリレー式に1階に運ばれてきました。


鶏がらやげんこつ等を煮出したスープは、焦がしラードの甘味を感じる、これぞ旭川ラーメンという王道の味。
それ程こってりではなく、適度な油分で食べやすいです。

麺は低加水の白い中細縮れ麺で、適度な硬さ。
スープがよく絡み、相性もいい感じです。

具材は、チャーシュー、メンマ、刻みネギ。
2枚のチャーシューは部位が違い、違った食感を楽しめました。

カウンターと丸テーブルが4卓の店内は、一昔前の洋風居酒屋という雰囲気。
あまりラーメン屋という感じではありませんが、女性店員の接客はよかったです。

ラーメンの他に、ご飯ものやおつまみメニューも豊富にありました。
機会があれば、ツマミとビールを飲みながら、〆の一杯も味わいたいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(旭川市) | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 2 PAGES | >>