人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
常盤軒@音威子府
宗谷岬から南下し、北海道で一番小さな村、音威子府にやってきました。
北海道民以外は、そう簡単には読めない地名ですね。

JR音威子府駅は廃線となった天北線の始発駅でしたが、特急列車や代替バスが止まるため、駅舎はなかなか立派な造りでした。
中には天北線の資料館もあって、旅愁をかきたてられます。



その駅構内にある立ち食いそば屋の「常盤軒」さんへ。
昭和8年創業という歴史のあるお店ですが、前回来た時は残念ながら定休日で、ありつけなかったんですよね。

「かけそば」(350円)でも良かったのですが、ちょっとビジュアル的に寂しく思えたので「月見そば」(400円)を注文。
立ち食いそば屋なので、メニューは温かいそばのみです。



真っ黒で少し太めの蕎麦は、地元の畠山製麺でつくられています。
蕎麦の実を殻ごと製粉しているのですが、田舎そば程ボソボソはせず、ツルツルした硬めで独特の食感です。
カウンターにお土産としても売られていました。

つゆは少し甘めでさっぱりしていて、素朴な感じ。
具材は、生玉子に長ねぎと、至ってシンプルで普通です。

カウンターは狭いですが、後ろに会議用の長いテーブルが置かれていて、待合席の椅子に座って食べられるようになっています。

量は少ないですが、駅の立ち食いそば屋ですから、小腹を満たすには充分ですね。
狭いスペースで年配の店主がお一人で営業されていましたが、体に気を付けて長く続けて欲しいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

そば・うどん・他(道内) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
手打ちそば おぐら
函館から約100km、雨の振る中、松前にやってきました。
室町時代からの歴史を持つ、日本最北・北海道唯一の城下町で有名ですね。
丁度雨が止んだので、記念に一枚。


遅めの昼食を食べようと、松前城近くの「おぐら」さんへ。
「北のめぐみ 愛食レストラン」に認定された、地産地消に力を入れているお店です。

横殴りの雨が降り、気温も低かったので、温そばにしようかとも思いましたが、季節限定の「ひやおろし鰊そば」(1,000円)を注文。


手打ちの蕎麦は太めで田舎そば風ですが、凄くコシが強かったです。
蕎麦でここまでのコシがあるのは、久し振りかも。

つゆは鰹だしよりも醤油が強く、やや辛口の味で好みのタイプ。

具材は、ニシンの甘露煮、大根おろし、刻み海苔、木の芽、長ねぎ。

美味しかったのですが、ニシンが温つゆと違って柔らかくならないので、年配の方はツラいかな?
とは言っても、そんなに硬くはないですけどね。

和風モダンで清潔感のある店内は、2人掛けと4人掛けのテーブルが3卓づつ。
店内禁煙で、空気にも気を使われているので、家族連れにもおすすめです。

でも、せっかく来たのに、あいにくの天気で、殆ど観光できなかったのが残念です。
機会があれば、桜の時期にまた行ってみたいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

そば・うどん・他(道内) | 14:00 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1 / 1 PAGES |