人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
しもだ屋
松山からバスで2時間半、お隣の高知へ日帰り観光に出かけて来ました。
ちょうど日曜日と言う事で、有名な日曜市が行なわれていました。


何でしょう、この真冬とは思えない、トロピカルな雰囲気は!!
でもこちらの方にとっては、北海道の雪に埋もれた風景もあり得ないのでしょうね。
やっぱり日本は長い国なんだなぁ、と痛感しました。

折角来たので、本当は須崎の鍋焼きラーメンを食べてみたかったのですが、特急で40分はかかるので断念し、日曜市の終点近くの「ひろめ市場」中にある「しもだ屋」さんへ。

こちらにも「鍋焼きラーメン」はありましたが、値段に惹かれて「ひろめラーメン」を注文。なんと300円という破格の値段です。


鶏ガラベースの黄金色のスープは、カツオと昆布出汁の味がして、あっさり。
デフォルトで一味唐辛子が少しかかっています。

中細のやや縮れた麺は、多加水でツルツル。

トッピングは、チャーシュー、もやし、キクラゲ、蒲鉾、青ネギが少しづつ。
チャーシューは小さく固めですが、角煮のようなしっかりした味でした。
値段の割りには、それなりにボリュームもあり、良かったです。

活気のある市場は、半分以上がフードコートで、鰹のタタキや、鯖の姿寿し等、美味しそうな物が色々並んで、活気に溢れていました。
観光を終えてから名物を食べながら飲んで、〆の一杯にした方が良かったかなぁ。


しもだ屋
高知県高知市帯屋町2-3-1 ひろめ市場内
TEL 088-872-8288
営業時間 11:00〜23:00
定休日  水曜日
駐車場  あり(ひろめ市場)

tags:醤油ラーメン
JUGEMテーマ:ラーメン

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(四国) | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0)
麺鮮醤油房 周平
何気にふと思ったのが、「松山につけ麺はあるんだろうか?」という素朴な疑問。
聞く当てもないので、またもネットで検索した結果、一番町にある「周平」さんへ。
この辺りは札幌で言うと、狸小路とススキノの間のような感じでしょうか?
折角の繁華街ですが、居酒屋で一人酒も寂しいので、お店に直行しました。

通常のラーメンもありましたが、当然の如く「つけめん」(680円)を注文。
並盛り(200g)・中盛り(300g)・大盛り(400g)・特盛り(500g)がありますが、なんと全て同じ値段!
調子にのって特盛りにしようか?とも思いましたが、残すのも申し訳ないと考え直して、中盛りで抑えました。


少し酸味のするつけ汁は、鯖節やいりこが「これでもか!」と丼の底に沈殿するほど投入され、表面はウロコでキラキラと輝いています。
人によっては魚臭いと思う程、魚介の出汁がガツンと効いています。
私は結構好きでしたが、嫁なら拒否反応を示したかも知れないなぁ?と変なところで我が家を思い出しました。(^^ゞ

自家製の幅広な手もみ麺は、コシがあってシコシコで、食べ応えがありました。
製麺所が通りに面しているのも、一風変わっていましたね。

具材は、コマ切れチャーシューに、メンマ、青ネギとシンプル。
チャーシューはちょっと固めで、肉々しい感じでした。

スープ割りにしても、味の傾向は同じでした。
瀬戸内のいりこがふんだんに入った出汁は、ご当地ならではの味でしょうね。

座席は大きなU字型のカウンターのみですが、店内は和を意識した小洒落た感じで、女性ウケも良さそうです。
無化調で素材にも拘りのあるお店ですが、繁華街で店内禁煙は大変そうですね。
でも、是非とも他店にも見習って欲しいところです。


麺鮮醤油房 周平(しゅうへい)
愛媛県松山市一番町2-4-11
TEL 089-945-1025
営業時間 11:30〜14:30、17:30〜翌2:00
定休日  日曜日
駐車場  なし
http://www.shuheiramen.com

tags:つけ麺
JUGEMテーマ:ラーメン

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(四国) | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0)
おが多 キスケBOX店
週末札幌に帰りましたが、再度松山に出張です。
マイナス何℃の地域と、梅が咲いている地域の行き来は、体がおかしくなりそうです。

今回は飛行機の乗り換え時間に余裕がなく、昼食を食べる暇もありませんでした。
客先に入る前にひと休みも兼ねて、JR松山駅近くの総合アミューズメントセンターの中にある「おが多」さんへ。

「らーめん」(600円)とワカメご飯のセット(ランチメニューで650円)を注文。
ピークタイムは過ぎていたので、3,4分でやって来ました。


これが通常ですが、ねぎだくか?と思う程、大量の青ネギが降りかかっています。
鶏ガラベースのスープは非常にあっさりですが、炭火で炙ったチャーシューの香りと、これだけ入っても臭みのないネギが、いいアクセントになっていました。

細めのストレート麺は、やや硬めで好みのタイプ。

具材は一口サイズのチャーシューが3個に、茹でたもやし、キクラゲ。

〆の一杯や、二日酔いの時に食べるのに向いている気がしましたが、元々は焼き鳥屋さんからスタートしたお店らしいので、なるほどと納得しました。

ただ残念だったのが、お店の置かれた環境。
背後の大きなゲームセンターの雑音に、負けじと流れるJ-POPと、威勢のいい掛け声。
あまりの騒々しさに、ゆっくり味わって食べようという気にはなれませんでした。


らーめん おが多(おがた) キスケBOX店
愛媛県松山市宮田町4 キスケBOX 1F
TEL 089-921-0003
営業時間 11:00〜22:00、金・土11:00〜24:00
定休日  無休
駐車場  あり
http://www.yakitori-ogata.com

tags:醤油ラーメン
JUGEMテーマ:ラーメン

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(四国) | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0)
松山分校
うどん屋をはしごした後は、松山城周辺を観光に。
全国で12箇所という江戸時代以前に建造された天守を有する城郭は、重厚さと美しさを兼ね備えた造りで、すっかりテンションが上がってしまいました。


散々歩き回ってお腹が減ったので、ちょっと早めに晩御飯を食べようと、携帯のサイトで見つけた「松山分校」さんへ。
呼び戻しスープの発祥という、九州は久留米の名店「大砲ラーメン」さんで修行されたとの事で、期待大です。

スープは定番まろやか系と評判こってり系の2種類が選べますが、初めてということで、定番系の「チャーシューメン」(580+200円)を注文。
注文から3分もかからずに、目の前に丼がやってきました。


ピンクがかったスープは、多少獣臭さはありますが、濃厚でクリーミー。
脂は少なめで意外とあっさりした後味です。
丼の底には骨髄らしき粉末が残っていたので、これがピンク色に見えたのでしょうね。

細めのストレート麺は粉っぽさもなく、しっかりした噛み応えでした。

具材はチャーシューと青ねぎのみと、至ってシンプル。
モモ肉と思われる丸いチャーシューは、薄めですが柔らかかったです。

こりゃ美味い!という事で、思わず替玉(100円)を追加注文しました。

後半は卓上の紅しょうがや辛子高菜(これがまたピリ辛で美味い)を投入して完食。
北海道ではなかなか味わえないラーメンで、満足の一杯でした。

田舎の木造校舎の学校をイメージさせる店内は、ジャズが流れ、昭和を感じるレトログッズがあちこちに飾られていました。
機会があれば、こってり系も試してみたいですね。


久留米とんこつラーメン 松山分校(まつやまぶんこう)
愛媛県松山市中央2-38-6
TEL 089-923-1992
営業時間 11:00〜22:00
定休日  無休
駐車場  あり

tags:とんこつラーメン
JUGEMテーマ:ラーメン

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(四国) | 17:45 | comments(1) | trackbacks(0)
瓢太
今週は出張で愛媛県の松山市に滞在しています。
折角なのでラーメンを、と思ったのですが、ガイドブックには一切載っていない…。
しかも愛媛出身の方には「悪い事は言わないから食べない方がいい」と言われる始末。
うーん、ここまで言われると、逆に気になっちゃいますね。

という事でネットで色々調べてみると、松山には「瓢系」という勢力があるらしい。
で、そのなかでも有名という「瓢太(ひょうた)」さんへ行ってみました。

引き戸を開くと、先客は居なくて、どこからどうみても居酒屋さんな造り。
これは何か頼んでからじゃないと駄目なのか?と思い、ビールとおでんを注文。


薄口のいい出汁が染みていて、美味しかったですね〜。
もつ(砂肝)、すじ肉、サザエやタニシ等、こちらにはない具材も色々ありました。

おでんとビールをおかわりした所で、後客のカップルが入店。
「ご注文は?」と聞かれ、「中華そば2つ」と即答する彼氏。
なに?ラーメンだけでも良かったんだ!まぁ美味しかったからいいや…。

という事で、〆の一杯となる「中華そば」(600円)を注文。
胡椒の香りがプーンとします。


豚骨ベースと思われるスープは、こっさりした感じですが、とにかく甘〜い!!
丼に砂糖を一掴み入れたような甘さです。こういう味が好まれる文化なのでしょうか?

白っぽい細めのストレート麺はやや柔らかめでしたが、多加水麺なのか、最後まで延びませんでした。

具材はチャーシュー、メンマ、小ねぎと、至ってシンプル。
角煮のようなチャーシューは柔らかくて、スープ同様、甘めに煮込まれています。
メンマは、おでんの竹の子と同じような下味がついていました。

ところ変われば、ラーメンどころか店舗形態まで変わる。
なかなかいい勉強をさせて頂きました。


瓢太(ひょうた)
愛媛県松山市三番町6-1-10
TEL 089-931-5133
営業時間 11:30〜22:00
定休日  日曜日
駐車場  なし

tags:醤油ラーメン
JUGEMテーマ:ラーメン

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(四国) | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1 / 1 PAGES |