人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
つばらつばら@比羅夫
たまには秘湯でのんびり過ごそうと、ニセコ方面へドライブする事にしました。
その前で腹ごしらえをしようと、前から気になっていた「つばらつばら」さんへ。

本で見た時はコンテナ造りでしたが、第二泉郷に移転されて、普通の一軒家のレストランになっていました。


定番の「チキン」(950円)を注文。

スープは「スタンダード」と「ココナッツ(+150円)」の2種類がありましたが、初めてなので「スタンダード」をチョイス。

辛さはマニア向けの入口と書かれた8番(+50円、0〜20番、6番以降は追加料金)でお願いしました。

ピークタイム前だったせいか、10分も掛からずにやってきました。



茶褐色のさらっとしたスープは、しっかりした鶏と和風な旨味を感じるスパイシーで濃厚な味ですが、ちょっと塩分強めです。
辛さ8番はちょっと喉にきましたが、大して汗もかかずに美味しく食べられました。

ライスは、バジルがかかった普通の白米で、固めの炊き加減。
十穀米もありますが、平日のみ選択可能なのが残念です。

具材は、チキン、じゃがいも、人参、かぼちゃ、なす、ピーマン、舞茸。
チキンは骨離れが良くて柔らかく、野菜も丁寧に調理されていました。

ウッディでどことなく和風な造りの店内は、カウンター2面にボックスシート4卓、奥には小上がり数卓とかなり広いですが、結構賑わっていました。
夜はスープカレー以外に、居酒屋メニューも加わるそうです。

腹八分目位でしたが、アウトドアで体を動かす事を考えると、この位が適量ですかね。
冬場にも味わってみたいですが、ここ何年もゲレンデには行ってないしなぁ…

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(道央) | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0)
RAMAI 千歳店
千歳のReraに買い物に行った帰りに、「RAMAI(ラマイ)千歳店」さんへ。
道路からちょっと奥まった所にあるので、ちょっと分かりづらいですね。
隣接するセガや、びっくりドンキーの看板を目印にした方が良いと思います。

前から気になっていた、「スープ・サピ・プダス」の「ビーフ」(980円)を注文。
いつもの如く、スープは大盛り、ライスはMサイズ(300g)に。
辛さは無料の辛みスパイスと有料の生唐辛子が選べますが、ネーミングに合わせて、生唐辛子のプダス(50円、無料の10〜11番位)でお願いしました。


褐色のさらさらしたスープは、トマトや飴色の玉ねぎが溶け込み、ビーフの旨味と赤味噌の味噌汁っぽい甘さも感じる、濃い目な味。
インドネシアでは一般的な料理だそうですが、初めて体験した味ですね。
レモン汁を加えると、トムヤムクンの様な、よりエスニックな味に変わります。

ライスは、インドネシアではポピュラーというナシクーニン。
ココナッツ風味の黄色いライスで、スパイスの香りは良いのですが、やや柔らかめ。

具材は、牛肉、キャベツ、人参、なす、かぼちゃ、ピーマン、アスパラ、レンコン、ゆで玉子。
牛肉は大きなブロック状で、柔らかく食べ応えがありましたね。
アスパラが揚げ過ぎでちょっとオイリーでしたが、まぁいいかな。

元は会社の事務所だったのでは?と思われる店舗は、幻想的な曲が流れる、薄暗い独特な雰囲気。
こちらもテーブル毎に区切られているので、プライベートを保ちながら食べられます。

通常のスープカレーよりは少し少なめに感じましたが、それでもボリューム満点で、お腹いっぱいになりました。
買い物もお腹も、お得感で満ち足りた一日でした。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(道央) | 10:32 | comments(2) | trackbacks(0)
CRAZY SPICE
※移転前の情報です。

この日は「音座なまらいぶ小樽」というイベントを見に行きました。
ライブが始まる前に昼食を食べようと、小樽の有名店「CRAZY SPICE」さんへ。
JR小樽駅や運河沿いの観光スポットからは、ちょっと離れています。

事前調査で気になっていた「レア生ラムカレー」(1,200円)を注文。
スープは「ノーマルスープ」と、よりスパイシーな「マヤックスープ」が選べるのですが、今回は「マヤックスープ」を選択。
辛さは6番(辛口、0〜40段階、マヤックスープは4番以降)でお願いしました。


焦がしバジルの浮いた若干とろみのあるスープは、旨味以上に胡椒系のスパイスがガツンと効いています。
底の方にも色んな粗挽きスパイスが沈殿していて、嫁が頼んだ旨味の強いノーマルスープとは、同じ辛さ6番でも全然違いますね。

ライスは、つやつやした粘りのある白米で、綺麗に盛り付けられています。

具材は、生ラム、ジャガイモ、人参、ピーマン、なす、かぼちゃ、玉子、白髪ねぎ、糸唐辛子。
生ラムは外側だけ焼かれて中は柔らかく、美味しかったのですが、殆どレア状態なので、お肉はよく焼かないとダメな方は、やめた方がよいでしょうね。
ホクホクしたジャガイモも、印象的でした。

レゲエが流れる昔の倉庫を改装した店舗は、天井が高くてビックリするくらい広く、カウンターにテーブル10卓でも、全然余裕が感じられます。

ただ分煙化はされているのですが、禁煙席の方が狭く、喫煙席とは衝立を挟んだだけなんですよね。
せっかく広いお店なので、もう少し考慮して欲しかったです。

札幌にも6月に支店を出店されたので、小樽は遠い!という方はそちらへどうぞ。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(道央) | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0)
カリー小屋
この日は念願だった、ニセコの「カリー小屋」さんへ。
オープンしてから20年を経過した、スープカレーの老舗のお店です。
もう少し若い頃に知っていたら、毎年ゲレンデに向かう時に行っていたんですけどね。

「チキン野菜」を、数量限定のタイ風カレー(1,200円)で注文。
辛さは5辛(1〜10、超辛1〜3、6辛以上は追加料金)でお願いしました。


熱々の土鍋に入ったスープは、ココナッツミルクが多めでクリーミー。
チキンの旨みとレッドタイカレーの様な甘辛さで、女性受けは良さそうです。
個人的には嫁が食べていた、デフォルトのスパイシーカレーの方が好みでしたけどね。

ライスは、五穀米のサフランライスと、拘りが感じられます。
やや固めでスープとの相性も良いですが、ちょっとボリューム不足かも知れません。

具材は、チキン、じゃがいも、人参、茄子、かぼちゃ、ピーマン、ブロッコリー、レンコン、うずら玉子。
チキンは骨離れが良くて柔らかく、野菜が新鮮なのか、すごく美味しく感じました。
卓上の自家製マサラ(辛さはない)を加えたりして、楽しく完食です。

小さなペンションの食堂の様な店内は、カウンター4席に4人掛けテーブル2卓。
思ったよりもこじんまりとした造りでしたが、その分丁寧な接客で、気持ちよく食べる事が出来ました。
但し、お子様用のカレーはないので、ご家族連れにはちょっと厳しいかな?

特出すべき点は、こちらのお店では、自社でレトルトスープカレーを作っています。
食べに行く前に、通販で仕入れて予習するのも一興かも知れませんね、
あと定休日は不定なので、平日に行かれる方は事前に確認された方が良いですよ!

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(道央) | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0)
Mama's Kitchen
この日は、日本一の作付面積となった菜の花畑を見ようと、滝川市までドライブに。
畑はあちこちに点在していましたが、それぞれ景観が違って、綺麗でしたね〜。


お腹も減ったので、この近くにあるというレストラン「Mama's Kitchen」さんへ。
住所は分かっていたのですが、控えめな看板しかない為、結構迷いました。
畑や水田の中にポツンと現れたお店は、繁忙期のせいか、既に十数組待ち…。

1時間位待ちましたが、ようやく席について「チキン野菜カレー」(995円)を注文。
辛さは一番上のhotスパイシー(甘口・普通・辛口・hotスパイシー)でお願いしました。
レストランという事で、釜めしや普通のカレーもありました。


トマトベースの少しとろみのあるスープは、マイルドな感じで、食べ易いですね。
攻撃的なスパイスは少なく、一番上の辛さでも大辛くらいでしょうか?

自家製というライスは、艶があってモチモチしていました。

具材はチキン、じゃがいも、人参、なす、ほうれん草、大根、刻み玉ねぎ、茹で玉子。
自家製の野菜は少し硬めですが、素材の旨みがしっかり出て、美味しかったですね。
チキンも骨離れがよく、柔らかかったです。

ジャズピアノが流れる店内は、落ち着いた色合いで、窓の外に広がる田園風景とのコントラストが格別でした。

ただ年配のお客さんが多く、食べ終わっても閑談したり、追加注文をしたりで、想像以上にお店の回転が悪かったです。
行かれる方は、地図と時間のゆとりも必要ですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(道央) | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 2 PAGES | >>