人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
雨耕庵@西野
前々から行ってみたかった、西野の「雨耕庵」さん。
何度かお店の前まで行ったものの、駐車場が満車だったり、臨時休業だったりと、中々ありつけませんでしたが、ようやく訪問できました。

静かな住宅地のど真ん中にあるので、地元の方以外は地図必須です。



田舎と丸抜きの二種類の蕎麦が味わえる「二色もり」(700円)を注文。
写真のメニュー以外にも、温かいそばや季節限定の旬のそばもありました。



こちらのウリは、希少価値の高い、道産の「牡丹」を石臼で自家製粉した蕎麦。
外光のせいで分かりづらいですが、左側が田舎で、右側が丸抜きです。

どちらも5mm位と太めに切られ、コシが強くてしっかりした歯応えで美味しいです。
丸抜きより田舎の方が風味は強いですが、ちょっとざらついた食感で、どちらが好きかは好みの問題ですね。

つゆは節の効いた辛めの味付けで、強い蕎麦にも合っています。

じっくり食べようと思いつつも、一気に平らげてしまい、蕎麦湯で一息。
大盛りにしておけば良かった。


古い民家を改装した古風で趣のある店内は、大きなテーブルと、小上がり2卓。
薪ストーブが焚かれていて、ほっこりとしたノスタルジックな気持ちになりました。

腹7分位でしたが、この価格でこの品質なら、文句はないですね。
今度は夏の暑い時期に、また味わいたいです。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

そば・うどん・他(札幌市西区) | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0)
東家卯門@二十四軒
久々にお蕎麦を食べようと、前から気になっていた二十四軒の「東家卯門」さんへ。
釧路の名店「竹老園 東家総本店」から大正8年に暖簾分けした「東家本店」の直営店です。

北5条手稲通沿いにありますが、交通量が多いので、駐車場に停めるのがちょっと大変ですね。



セットメニューが豊富だったので、丼セットの「つる(ミニ天丼ともりそば)」(850円)を注文。
お蕎麦は更級と手打ち(+50円)が選べるので、手打ちでお願いしました。



石臼挽き並粉を手打ちにした二八と思われるお蕎麦は、割とたっぷり盛られていますが、コシが強くて喉越しも良く、ツルツルと入っていきます。

そばつゆは最初から2種類ついてきました。
徳利に入った標準のつゆは、鰹だしが利いたやや甘辛な味付け。
もう一つの濃いめのつゆは、江戸前風で結構しょっぱめ。
好みで使い分けたり、ブレンドしたりと、色々楽しめます。

薬味は、刻み長ねぎと本わさび。
鮫皮のおろしで自分で擦った本わさびは、香りも良く、鮮度が違いますね。

ミニ天丼の天ぷらは、海老、イカ、椎茸、海苔。
カラッと揚がっていなかったのが残念ですが、ミニの割にはご飯の量が多いです。


ジャズが流れる和風でシックな店内は、対面式のカウンターテーブルに2人掛けテーブル3卓、小上がり5卓。
接客も丁寧で、年配のご夫婦や男性客、家族連れと幅広い年齢層のお客さんで賑わっていました。

それほど高級感はありませんが、庶民的でボリュームがあり、気取らずに食べられるのがいいですね。
コストパフォーマンスを求める方は、迷わずセットにした方が良いと思います。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

そば・うどん・他(札幌市西区) | 23:55 | comments(6) | trackbacks(0)
蕎麦 花月@西野
お蕎麦を食べようと、西野二股の手前にある「蕎麦 花月」さんへ。
昭和26年創業の老舗ですが、お蕎麦屋さんに見えないコンクリート打ちっぱなしの近代的な建物で、最初気付かずにスルーしてしまいました。

寒かったので温かい蕎麦にしようかとも思いましたが、美味しそうに思えた「つけ鴨そば」(1,000円)を大盛り(+150円)で注文。
そば茶をすすりながら、待つこと10分程でやってきました。


蕎麦は細めの二八そばで、しっかりとしたコシがあります。
+100円で、石臼で挽いた道内各地のそば粉を使った特選蕎麦も味わえるようです。

温かい鴨の漬け汁は、鰹だしに鴨の甘味が加わり、美味しいですね。
一緒に運ばれてきた粒子の細かい唐辛子と山椒を加えると、ピリッと引き締まります。

具材は、鴨、長ねぎ、椎茸。
一口で食べられますが、割と大きめに切られていました。

うれしい誤算だったのが、もりそば用の冷たいつゆも付いてきた事。
濃い目で辛めの味付けで、夏場にはピッタリですね。


ジャズが流れ、コンクリート剥き出しの壁と白い天井の直線的でモダンな店内は、テーブル5卓に小上がり2卓。
バリアフリー設計で、車椅子用トイレまで完備されていました。

男性には少しボリューム不足かもしれませんが、腹八分位で体には良いのでしょうか。
うどんもあるので、機会があればこちらも試してみたいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

そば・うどん・他(札幌市西区) | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0)
蕎麦屋酒 翠明庵
そういえば今年に入ってから、お蕎麦を食べに行っていない事に気付きました。
乾麺やカップ麺では食べていますが、手打ちのお蕎麦には到底かないません。

という事で、お蕎麦の激戦地・西野にある「翠明庵」さんへ。
西野二股から手稲右股通に入り、平和の滝方面に進むと左側に建っています。
近隣の人以外は、車じゃないとつらいかな?

豪華でお得な「華セット」(1,300円)に惹かれましたが、給料日前だったので「せいろ」(650円)を注文。


そばは、完全無農薬という黒松内産の奈川在来種を使った、十割そば。
細めに切られていますが、コシが強く、ツルツルとした喉越しもいい感じです。

つゆは鰹出汁が効いた、辛口で好みの味。
ほんの少し塩気が強い気もしましたが、酒の肴として考えると、この方が良いでしょうね。

薬味が普通のワサビではなく、山わさびだったのが、一風変わっていました。

美味しかったのですが、ボリュームは至って普通なので、昼食で食べる男性は大盛りにした方が良いかと思います。

クラシックが流れる和風な店内は、カウンターと小上がり3卓。
和服が似合う若女将の穏やかでにこやかな応対が、非常に好印象でした。

屋号の通り、是非ともお酒を飲みつつ味わってみたいお店でしたが、個人的には代行運転を頼まないといけないので、夜の訪問は財政的に厳しくなるのが残念です。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

そば・うどん・他(札幌市西区) | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0)
手打蕎麦のたぐと
年越しそばを食べようと、前から行ってみたかった西野の「たぐと」さんへ。
りんご倉庫を改造したレンガ造りの店舗で、軒先には藤棚があります。
「たぐと」という名前には、食ぐ人、手繰る、店主の名前をもじったりと、色々な意味があるそうです。

一番人気という「冷やしたぬきつ」(890円)を注文。
蕎麦以外にも、蕎麦屋酒用の一品料理メニューも豊富にありました。
薬味入れが箸置きと合体した陶器で、新鮮ですね。


蕎麦は、真っ白な更級蕎麦。
細めながら角が立ち、喉越しも良く、美味しいです。

つゆは濃い目のちょい辛で、好みのタイプ。

具材は、油揚げ、海老揚げ玉、青ねぎ、みょうが。
油揚げは甘めの味が凍みてシットリで、海老揚げ玉はサクサクで良い香り。
しっぽに見立てたみょうがが、いい箸休めになっていました。

店内は天井が高く解放的で、そば屋とは思えない、洋風でモダンな雰囲気。
カウンターにテーブル3卓、小上がり2卓ですが、ゆとりを持ったレイアウトで、広々としています。

更級蕎麦のお店にしては、そこそこボリュームがあって、お腹も満足。
いい新年を迎えられそうです。

今度は、藤の花が咲く頃に行ってみたいなぁ。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

そば・うどん・他(札幌市西区) | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 3 PAGES | >>