人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
ラーメン ゼロ@目黒
ネットで見つけて、札幌に戻る前に食べておきたかった「ラーメン ゼロ」さんへ。
糖類ゼロ・脂質ゼロなど、ゼロブームの昨今ですが、こちらのウリは調味料自体がゼロというラーメン。
全く想像のつかない味なので、気になっていたんですよね。

JR目黒駅から目黒通りを西側に下り、山手通りを左折して、少し進んだ所にあります。
前客は3名、数分で店中に入れました。

券売機で「ベーシックゼロ」(850円)と「小ごはん」(0円)を購入。
「プラス1」という調味料のジュレも0円で貰えますが、今回は使いませんでした。


一見濃厚な豚骨醤油のような色のスープは、豚骨や魚介、スルメなどの旨味や塩分のみで味付けがされていますが、魚介の旨味が強いですかね。
最初は薄味かなと思いましたが、淡白であっさりながら複雑な旨みが絡み合う味です。

麺は北海道産小麦100%と書かれた、蕎麦のような四角い中細ストレート麺。
やや硬めの茹で加減で、コシがあって美味しいです。

具材は、チャーシュー、メンマ、挽肉、海苔、青ねぎ。
チャーシューは脂身が少なく硬めですが、ちょっと好みとは違うタイプ。
穂先も入ったメンマは、薄味で美味しかったです。


カフェのようなお洒落な雰囲気の店内は、L字カウンターに6人掛けテーブル1卓。
完全禁煙ですが、テーブル席は相席になる可能性があります。

850円という値段を考えると、スープも少なめでコストパフォーマンスは決して良くないのですが、唯一無二の味ですし、濃い味好きな方以外にはお勧め出来ると思います。

でも隣の人が頼んだラーメンゼロ(1,000円)の方が、味玉やあさりが乗っていて見た目も豪華で、お得な感じでした。
150円ケチらなければ良かった…。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(東京都) | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0)
らーめん天神下 大喜@湯島
暫く塩ラーメンを食べていないなあと思い、ネットで見つけた「大喜」さんへ。
東京メトロ千代田線湯島駅近くですが、天気も良かったので、JR上野駅からテクテク歩いて行く事にしました。
ちょっと寄り道して、上野の西郷さんをパチリ。ずんぐりむっくりですなぁ…。


お店に着くと、行列は5名。
この位ならラッキー!と思ってしまう自分が、だいぶ東京に染まってきていますね。
でも2〜3分後には、後ろに7人位並んでいました。

「とりそば」と散々迷った挙句、「うめしおらーめん」(780円)の食券を購入。
券売機ではTシャツ(2000円)も販売していました。



透明感のあるスープは、しっかりした鶏の旨味と梅の酸味をほんのり感じる、上品で繊細な和風の味。
あっさりしていますが、それなりに油分もあって、物足りなさはありません。

そうめんのような自家製の極細ストレート麺はやや硬め。
見た目よりしっかりしたコシがあって、スープにマッチしています。

具材は、チャーシュー、油揚げ、味付け玉子、ほうれん草、白髪ねぎ。
チャーシューは味が染みて柔らかく、ラーメンには珍しい油揚げも意外といいアクセントになっていました。

奥行きのある和風で落ち着いた造りの店内は、カウンターとテーブル2卓。
若者だけでなく年配のお客さんも多く、幅広い層に愛されているのが伺えます。

ちょっとボリュームが少なめなのが残念ですが、二日酔いの日には最適ですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(東京都) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)
蒙古タンメン中本 目黒店@目黒
東京で激辛ラーメンと言えば、必ず名前が出てくる「蒙古タンメン中本」さん。
本店は上板橋にあるのですが、電車で1時間以上かかるので、最寄駅から一番近かった目黒店へ伺いました。

看板メニューの「蒙古タンメン」(770円・辛さ度:5)と、定食(170円・辛さ度:4)の食券を、券売機で購入。
激辛で有名な「北極ラーメン」(辛さ度:9)にチャレンジしようかと思いましたが、初報で玉砕されるのもなんなので、今回はやめておきました。


ベースのスープは清湯スープで、サラッとしたあっさり目のピリ辛味噌味。
これに片栗粉でとろみをつけた、辛い麻婆豆腐がかかっています。
ただ、辛いといっても唐辛子がメインで、本場四川のような山椒も効いた複合的な辛さではありません。

白っぽい中太ウェーブ麺は、少し短めの長さで、やや柔らかめ。
低加水気味でスープを吸いやすい上に、野菜が多くてなかなか麺に到達しないので、気になる人は硬めでお願いした方が良さそうです。

具材は、豚バラ肉、キャベツ、白菜、ニンニクスライス、ニラ、もやし。
野菜は煮込まれていて柔らかく、ニンニクが結構効いています。


こちらは定食。
「蒙古タンメン」の上にかかっているのと同じ麻婆豆腐と小ライスのセットです。

思った以上に野菜が多くて、定食も食べると、お腹がパンパンになりました。
夜遅くに食べるには、ヤバいボリュームです。


J-POPが流れ、赤が映える店内は、十数人は座れるコの字型カウンターのみ。
店内禁煙で、威勢の良い元気な接客です。

でも私には辛さ不足で、汗はかくけど、とろみのあるスープが熱くてかいている状態。
定食の麻婆豆腐を追加投入しても物足りず、卓上の粗挽き唐辛子も投入して、ようやく満足しました。

まぁ普段から極力辛いカレーを食べる奴の話なので、全然参考にならないかも知れませんが、普通の人は「蒙古タンメン」でも十分な辛さだと思いますよ。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(東京都) | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0)
六厘舎@大崎
念願だった、大崎の「六厘舎」さん。
常々行きたいと思っていたのですが、日本一並ぶと言われるお店ですし、実際に東京駅の支店の行列を見て、なかなか踏ん切りがつかずに躊躇していたんですよね。

でも東京に来て結構経つし、それなりに行列耐性も出来ただろうと、意を決して行ってみる事にしました。

その割には出遅れて、開店40分前に着きましたが、既に30人位待ちでした。
でもこの日は寒かったせいか、これでもまだ少ないそうです。
並び方はかなり変則的なので、要注意です。



開店30分前には、店員さんが使い捨てカイロを配布してくれました。
こういう配慮はさすがですね。私は使わずに持ち帰りましたが…

開店5分前にはようやく先頭のお客さんが店内に入って行き、店の前にはサービスの温かいお茶も用意されました。

もうすぐ店内に入れる状況でベンチに座っていると、店員さんが注文を聞きに来ます。
当然の如く「つけめん」(850円)を注文。
麺は通常で300gという事だったので、大盛(+100円、450g)にはしませんでした。



つけダレは魚介豚骨ですが、デフォルトは豚骨が少し強い感じがしました。
粘度はそれ程無く、思った程しょっぱくもなくて、濃厚ですがさっぱりした後味です。
海苔の上に盛られた魚粉を混ぜ入れると、当然の如く魚介がガツンと効いてきます。

麺は、浅草開花楼の極太麺。
うどんのような力強いコシで、そのままでも美味しいですね。
つけダレの絡みも申し分なく、麺をすするとつけダレがしっかりついてきます。

具材は、チャーシュー、メンマ、なると、ねぎ。
短冊切りのチャーシューは、肉の食感が残り、味が染みて柔らかいですね。

最後はスープ割りをお願いして、店員さんのお勧めで卓上のゆず粉末を投入。
ゆずの香りと味で清涼感が増し、より和風な感じになりました。

あちこちで食べたインスパイヤ系のお店は濃い味が多かった気がしましたが、それらよりもバランスの取れた、洗練された味に思えました。
体も温まり、お腹も満たされて、並んだ甲斐がありましたね。


三味線の音色が流れる店内は、カウンターのみ12席。
客席はかなり狭くて、奥の方の席に座ると、背後を通り抜け出来ない程です。

そのため店内総入替え制になったのでしょうが、12人にメニューを提供して、客が全部食べ終わるのに大体20分かかり、食べるのが遅い人がいると、じわじわ遅くなります。

じっくり味わいたくても、急かされている感じが常に付きまとい、落ち着いて食べられなかったのが残念です。

食後に店を出ると、凡そ100人近い行列になっていました。
辛つけも気になりますが、次は通販で楽しむ事にします。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(東京都) | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0)
九段 斑鳩@九段下
東京に来て思ったのですが、意外と日曜日が休みのラーメン店が多いですね。
という事で、思い出したかのように土曜日の夜に訪問したのが、九段下の人気店「九段 斑鳩」さん。

運良く3人待ちですぐに入れましたが、閉店間際には10人以上行列が出来ていました。
危なかった〜。

閉店間際に行ったせいで、券売機は品切れが多かったのですが、残っていたメニューから、夜の部限定の「和風醤油らー麺」(700円)を購入。


スープは、豚骨等の動物系と、鰹出汁の効いた魚介系のWスープ。
無化調で文字通り和風な感じの、比較的さっぱりした味です。
油分は少し多めで、物足りなさはありませんが、もう少し油少な目の方が好みかな。

麺は平打ちの中太ストレート麺で、適度な硬さ。
高加水でツルツルシコシコした食感で、一気に啜り上がります。

具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、刻み長ねぎ。
チャーシューは味が染みて柔らかく、メンマもいい感じでした。


天井が高く、無機質ながらモダンな感じの店内は、カウンター5席に4人掛けテーブル3卓。
店内禁煙で、黒い服のいかつい男性店員が多かったのですが、威勢の良い接客ではなく、声を張らない丁寧な接客で好感を持てました。

スープ切れにならずに開いていただけでも儲け物ですが、食べたかったラーメンが品切れだったのが残念です。
やはり人気店には、早い時間に行かないと駄目ですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

ラーメン(東京都) | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 4 PAGES | >>