人生折り返し地点のリーマンによる、道央圏&旅先での食べある記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
  • MOBILE
qrcode
  • CATEGORIES
  • NEW ENTRIES
  • SEARCH SITE
 
  • ARCHIVES
  • WEATHER FORECAST
  • ENTRY SITE
人気ブログランキング バナー
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください!
  • PROFILE
  • LINKS
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

- | | - | -
アジャンタ 手稲店@星置
国道5号線沿いにある、赤い屋根と緑の壁が目印の「アジャンタ 手稲店」さん。
言わずと知れた「アジャンタ」さんの支店ですが、1991年創業の老舗です。

冷静に考えると、生まれて初めて食べたスープカレー(こちらでは薬膳カリィと呼んでいますが)は、こちらのお店でした。

当時学生だった私は質より量だったので、「美味しいけど満たされない」という印象でしたが、いい年のオサーンになってからはどう思うのかが気になって、行ってみる事にしました。



「ハーフとりやさい」にしようかと思いましたが、品切れだったので、「とりなす」(1,200円)を注文。
辛さの設定はなく、数種類のスパイスが混ざった卓上のスパイスで調整します。



たっぷり油膜の張った赤褐色のサラッとしたスープは、表面はオイリーですが、底から混ぜるとあっさりしていて、薬膳風のスパイスの味と香りがします。
本家の「インドカリ店」よりも辛さとパンチは控えめな気がしましたが、年配のお客さんが多かったので、体に受け入れやすい味にしているのかも知れません。

ライスは、らっきょうとパセリがトッピングされた白米で、適度な硬さ。
スープの油分が気になる方は、最初にライスをスープにドバッと投入した方がよいでしょうね。

具材は、チキン、人参、なす、レンコン、パプリカ、豆苗。
かなり大振りなチキンレッグは、柔らかくて食べ応えがありました。


店内は吹き抜けの天井で開放感があり、インテリアのせいか欧風な感じがします。
全てテーブル席で広さにゆとりがありますが、混むと合席になるかも知れません。

値段が高めに思えましたが、チキンが特大だったので、そこまで割高ではないですね。
営業時間が短く、スープ切れで閉店になる事も多いですが、また何年か歳を取ってから、ゆっくり味わってみたいです。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(札幌市手稲区) | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0)
CHUTTA! 手稲店@新発寒
FC展開で店舗を増やしている「CHUTTA!(チュッタ)手稲店」さんへ。
下手稲通りに面していて、ちょうど生協の向かい辺りにあります。


3種類の手稲店限定メニューから、「揚げ出し豆腐とオクラ納豆のカレー」(980円)を注文。
スープは「レギュラー」と「ラトゥ」の2種類に増えていたので、未食の「ラトゥ」を選択。
辛さは5(1〜10、6以上は追加料金、0や11以上も可能)でお願いしました。



トマトベースの比較的さらっとしたスープは、「レギュラー」より甘めで濃厚な味。
底まで混ぜると、トマトと鶏挽肉の旨味がしっかり感じられます。

個人的には「レギュラー」の方が好みですが、トマト好きな方は「ラトゥ」の方が幸せになれるかも知れません。

ライスは白米と玄米が選べますが、例によって玄米をチョイス。
気持ち硬めですが、パサつきも無く、ボリュームもそれなりにあります。

具材は、揚げ出し豆腐、鶏挽肉、オクラ、納豆、長芋、シメジ、じゃがいも、人参、キャベツ、ピーマン、かぼちゃ、いんげん豆、ごぼうチップ、ゆで玉子とヘルシーな感じ。

でも納豆はスープの甘味のせいか、納豆に砂糖をかけて食べている様な感じに思えました。
オリジナルスープにするか、もう少し辛くした方が良かったのかな。


エスニックな雰囲気の店内は、大小のテーブル数卓と、畳敷の小上がりが4卓。
店内分煙ですが、禁煙は小上がりのみで、実際喫煙スペースに通されました。
ファミリー層が多いエリアなので、全面禁煙にして貰った方がありがたいですけどね。

メニューの組み合わせに失敗したせいか、ちょっと残念な点もありましたが、手稲では数少ないスープカレーのお店なので、頑張って欲しいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(札幌市手稲区) | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0)
Cafe Re Ezon
知人から聞いて、前から気になっていた「Re Ezon(リ・エゾン)」さんへ。
国道5号線沿い、テイネオリンピアに登る道の交差点にあります。
7月2日にプチ・リニューアルをされたそうですが、初訪問なので、何が変わったかは全然分かりません。

「チキンスープカレー」(900円)を注文。
辛さは無料で一番辛い大辛口(普通〜とんでもない辛口(+100円)の5段階)でお願いしました。
カフェですが、夜のメニューは、スープカレーとルーカレーのみのようです。


褐色のサラッとしたスープは、油分控え目で、和風ダシの旨味の強いあっさりした味。
スパイス感は少なめで、それ程辛く感じませんでしたが、卓上のカイエンペッパーで調整可能です。

ライスは道産米の「ふっくりんこ」で、ふっくらとした柔らかめの炊き加減。
甘みのある美味しいお米ですが、カレーだと硬めの方が好みなんですよね…

付け合わせは、福神漬けとしば漬け。
ルーカレーの場合も一緒だと思いますが、しば漬けより、らっきょうかピクルスの方が、それっぽいかな。

具材は、チキン、人参、ピーマン、かぼちゃ、なす、水菜、ブロッコリー。
チキンは骨が抜かれていて柔らかいのですが、旨味がスープに出て、あまり残ってない感じがしました。
でも野菜は丁寧に調理されていて、美味しかったです。

白い壁に可愛らしい装飾がされた店内は、L字型のカウンター席とテーブル4卓。
2階が店舗で階段が一直線ですが、幅が広く手すりが付いているので安心です。

初老のマスターがお一人で作られていましたが、非常に丁寧な応対をして頂きました。
色々わがままな事も書きましたが、手稲区ではスープカレーが食べられるお店は少ないので、頑張って欲しいですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(札幌市手稲区) | 11:18 | comments(2) | trackbacks(0)
ピッキーヌ 新発寒店
※閉店前の情報です

この日は手稲方面に用事があったので、下手稲通沿いの「ピッキーヌ」さんへ。
スープカレー不毛の地、手稲区で営業されている、数少ない専門店です。
残念ながら南6条のお店は閉店し、建物ごと無くなってしまいましたが、こちらは今まで通り営業されています。
そう言えば、このところ全然スープカレーを食べていなかった…(-_-;)ゞ

「ポークかつカレー」にも惹かれましたが、定番の「チキンカレー」(790円)を注文。
辛さはHOT3(MILD3〜HOT30、MILD2〜HOT3以外は追加料金)でお願いしました。
注文して数分後には運ばれてきました。早いですね〜。


ややとろみのあるスープは、ターメリックが効いたマイルドな味で、ルーカレーに近い感じで、クセがなく食べ易いです。
HOT3で市販のカレーの辛口位でしょうか?

ライスは粘りのある白米で、付け合わせに大根のピクルスがのっていました。
スープとの相性はバッチリですが、どうせ無料なら大盛にしておけば良かった…。

具材は、チキン、じゃがいも、人参、パプリカ、水菜、ゆで玉子とシンプル。
チキンは柔らかいけど、ちょっとパサついていたかな。
皮付きのじゃがいもがホクホクしていて、美味しかったです。

ビリー・ジョエルが流れていた店内は、洋食のレストランのような、清潔感のある可愛らしい雰囲気で、広々としています。
駐車場も広く、店員さんが席まで案内してくれたりと、何となくファミレスっぽい印象を受けました。

ファミリー層が多い地域ですが、お子様カレーもあって、全体的にリーズナブル。
スープカレーの入門としても、こういうお店は大事ですね。

店舗情報・地図・訪問履歴はこちら >>

人気ブログランキング ← 応援クリックよろしくお願いします♪

スープカレー(札幌市手稲区) | 12:30 | comments(6) | trackbacks(0)
| 1 / 1 PAGES |